« 入院初日。 | トップページ | のんびり。 »

2014年12月 2日 (火)

手術当日。

手術は、朝イチから。

 

Drが、でっかいので朝イチから集中しますと。

 
 

Photo_6

 
 

朝イチに、手術室へテクテクと。

自力でベットへ。 

 

そこで、麻酔科の先生と挨拶して、看護師さん達がいて、Drがいて、

なんだか物々しい感じではあるのだけど、

意識のあるうちは、少しも恐いとか、不安とか、恥ずかしいとかの感覚を持たせない配慮なのか何なのか

何となく横になり、お話ししているうちに、

なんとなく意識が無くなりました。 

目覚めたときには自分のベット。

 

実際は3時間ほどだったらしい。

 
 

ここからが大変だった。

痛くて痛くて。

ずっと同じ姿勢で寝ているから背中や腰が痛いの。

寝返り打って良いって言うけど、

脚にはマッサージの機械が付いているし、

尿カテ付いているし、

心電図の付いているし、

血圧計付いているし、

指にも付いているし、

点滴もちろん、

腰からは硬膜外麻酔の痛み止めの管が入っているし、

切腹したので腹は重くて動かないし。

 
 

どうやって寝返り打つんだよ!って心の中で突っ込みながら

必死に寝返り打ってた。

看護師さんが、枕を背中に挟んだり工夫してくれているんだけどダメ。

 
 

夫も、そんな私にビビったことだろう。

1人でよく看病していたと思う。

眉間にシワ寄せて、痛いと言う妻。

めっぽう痛みに弱いですから、夫に気を遣う余裕全くなし。

夫が看護師さん呼んでくれて痛み止めの点滴してもらった。

 
 

すごく、脇とか鎖骨とかも痛くて、

肋骨にヒビでも入ったのかと思った。

本当に本当に痛くて寝返りが打てなかった。

後で聞いたら、手術中にお腹を膨らませるためにガスを入れているんだって、

それが残っていると痛いらしい。

 
 

この夜は一睡も出来なかった。

なんとか腕時計を腕に付けて、見る度に20分しか進んでいなくて、

私の我慢は20分なんだなと思いました。

  
 

ただただ、明けない夜はないと自分に言い聞かせ

夜が明けるのをひたすら待ちました。

Photo_8

 

 

同じ部屋の方が私の次に手術だったんだけど、

腹腔鏡だったからか、私ほど痛いとは騒いでいなかった。。。

私、痛み弱すぎ?って思ったな。

 

もっと早く受診していれば、腹腔鏡で済んでいたかもしれないと少し反省。

 
 

結果;子宮筋腫核出手術 開腹手術 
    多発性子宮筋腫 810gでした。

 

|

« 入院初日。 | トップページ | のんびり。 »

子宮筋腫」カテゴリの記事

コメント

大変だったのですね~・・・

実は私も大昔の若い時に受けています.
切ったお腹の傷が痛いだけで,それで終わりでした.
次の日から自力でおトイレ行かされ,
2日目から体力落とさないように
院内フラフラしていました.

うささんのは手術大変だったのですね.

でもこれで貧血も解消されるでしょうねヽ(´▽`)/
身体が楽になります(・∀・)イイ!

投稿: Julia Keery | 2014年12月 3日 (水) 00時01分

Julia Keeryさんへ。
Juliaさんも受けていたのね〜。
4人に1人だもんね。
私の場合、手術が大変って言うよりも、私自身が痛みに弱いことが敗因ですかね。(@Д@;
貧血は、鉄分もせっせと取っているので良い感じのはずです。

投稿: うさ | 2014年12月 3日 (水) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入院初日。 | トップページ | のんびり。 »