子宮筋腫

2014年12月14日 (日)

溶ける糸。

ここ数日、

痛みも殆ど無くなり良い感じだったのです。

腹筋を使っても特に痛みもなく良い感じでした。

 
 

ところがどっこい、

それは突然やってきた。Σ(`0´*)

 

フッとした瞬間。

イスから立ち上がるとき、

床の物を取るとき、

横になろうとしたとき、

 
 
 

プチッて。∑(゚∇゚|||)

何かがお腹ではじけた感じ。

次の瞬間、ピリリヒリヒリと痛みが。(ノд・。)

 
 

痛いと思って動くと、

またプチッて。∑(゚∇゚|||) 

そして、ピリリヒリヒリ。。。。(||li`ω゚∞)

 
 

どうしたらいいのかわからない。

イメージとしては、

ワイシャツのボタンが弾けるイメージ。Σ((oÅO艸*)

  
 

そう、溶ける糸が溶け始めてて弱くなって切れたって話。

傷口に一気に負担が。(||li`ω゚∞)

 
 
 

昨夜は、どうしたらいいのかわからず、

久しぶりに痛み止めを飲んで、お腹グルグル巻きで寝た。

 
 

今朝も少しピリリヒリヒリあったけど、

だんだん改善。

 
 

もうすべて切れたのだろうと一安心で気を緩めたら

 

今度は、プチプチプチプチって。 ||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||

 

最後に一気に切れた感じ。

ピリリヒリヒリ。。。。  il||li _| ̄|○ il||li

 
 

溶ける糸、恐るべし。 

恐くて動けない。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 
 
 

 

| | コメント (0)

2014年12月12日 (金)

退院後初受診。

退院後初受診行ってきました。

 

術後3週間。

えっちらおっちら回復してきております。(;´▽`A``

 
 

今回は、ドキドキの1人で受診。

入院以来1人で乗り物には乗っておりません。

えっちらおっちら近所をテクテク歩いてイテテイテテと唸っているばかり。

 
 

そんな私が、独り立ち。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

 
 

そんな晴れ晴れしい日に、

雨と風。

 
 

がっかり。  il||li _| ̄|○ il||li

 

しかも、帰りは晴れていたため

どっかに傘忘れてきた。

がっかり。  il||li _| ̄|○ il||li

 

 

それでも、外の傷はキレイですと。

腹の中の傷は まだ浮腫んでいるけど順調だと。

溶ける糸を使用しているため、

糸が溶けるまではイテテイテテと引っぱる感じが残るのかもしれない。

 

それでも、一昨日よりも昨日、昨日よりも今日。( ̄▽ ̄)

 
 

おかげさまで入浴OK出ました〜!ヽ(´▽`)/

 
 

この季節、シャワーじゃ冷えるからね。

温活中の私には、必須アイテム入浴ゲットです。(σ・∀・)σゲッツ

 

| | コメント (0)

2014年12月 8日 (月)

寒さに負けない。

寒いとダメですね。

傷がうずく。( ´・ω・`)

 
 

内緒で(←内緒?)お正月実家に行こうか検討中だが、

こんなんじゃ無理だ。

車に乗っていられない。しかも寒い東北。(u_u。)

 
 

退院後メキメキ回復はしてきていたけど、

ここに来て小康状態。(´・ω・`)ショボーン

 
 

動けば痛む。

寒いと痛む。

 
 

結局、テレビの前でゴロゴロ。

せっかく痩せたのに、戻りつつある異常事態。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 
 

冷やさない工夫をしていこうと。(`・∞・´)

 
 

本日の服装。

裏起毛のズボン。(←へそまで隠れる。)

裏起毛のトレーナー。(←お尻まで隠れる。)

腹巻き付きの毛糸のパンツ、(←パンダ模様。笑)

腹帯、(←もう外して良いって言われたけど外せない。)

ヒートテックの下着、(←冬の基本。)

ホッカイロ!(←貼るタイプ。)

そして、愛情タップリ母手製の毛糸のスカート。(←大きめに作ってて丁度良い。)

 
 
 

どうだ!(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

 
 

トイレに行くたびに、

現金書留の封筒のようだと自分で思う。(←わかる?)

 
 

そして、最後に

コレにしがみつく。( ´艸`)プププ

 

Photo

 
 

寒さなんかに負けるもんか!o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

 
 
 

最後にポチッと、更新の励みになります

     ↓↓↓↓                 

にほんブログ村 犬ブログ ウェルシュ・コーギー・カーディガンへにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

| | コメント (0)

2014年12月 5日 (金)

入院生活。

手術翌日に立ち上がり、

初日は、トイレに行くので精一杯。

咳も出てきて、

悶絶の初日。

微熱も続いていたため、大人しく。

 
 

手術2日目。

痛み、相変わらず。

Drに痛いのはいつまで続くのか聞いたら、

4日目から回復を感じる人が多いですと。

4日か、、、頑張ろうと思った。

 

でも、ほんと、4日目から見る見る復活。

 
 

手術が終わってからは、痛みと付き合いながら、フラフラ彷徨って歩く生活。

 

ここの病院、眺めが良い。

毎朝、朝日を見るのが後半の日課だった。( ^ω^ )


 

Photo_2

 
  

Photo

京浜工業地帯。

The日本って感じ。ψ(`∇´)ψ

 
 

朝6時に起床。

だいたい6時30分くらいから窓辺でスタンバイ

朝日が上がってくるのを楽しんだ。( ̄▽ ̄)

Photo_3

 
 

私は東側の病棟で、西側だと富士山が見えるとか。

だいぶ歩けるようになってきてから、富士山を拝みに西病棟通ったが、

結局雲が厚く見えなかった。残念。( ´・ω・`)

 
 

もう一つ、病院で楽しんだのは、

夫とのディナー。

 

Photo_4

 

廊下にある机に食事を運んで夜景を楽しみながら食事してました。(* ̄ー ̄*)

 

夫は、コンビニ弁当だけど。( ´艸`)プププ

Photo_5

 
 

病棟には、家族と歓談する広めのスペースもあって、

そこで夜景を見ながら食事をする人もいたり、

思い思いで過ごしておりました。( ^ω^ )

 
 

退院後の現在。

傷口が大きいせいか、

ヒリヒリピリピリ痛みが続き。

天気の悪い日には、痛みが増します。

痛み止めを飲むと、改善するけど、眠くなっちゃうんだよね。

 

もう少し、ボチボチ過ごしていこうと思います。

| | コメント (0)

2014年12月 3日 (水)

翌日。(術後1日目)

明けない夜はなかった。゚゚(´O`)°゚

なんで手術するなんて言っちゃったんだろうと後悔の一晩。

 
 

痛みに耐えた翌日の朝、

看護師さんがやってきて、

「立ちましょう!」「歩きましょう!」

 

この言葉を待っていた。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 
 

立てるのかどうかは若干の不安だったが、

コレをクリアーしないと前へは進めないことわかっていた。

 

柵をぐいっと握りしめ、立ちましたよ。

そして、いっぽいっぽ前進。

気分は「クララが立った!」ヽ(´▽`)/

 
 

おかげさまで、尿カテ、脚のマッサージ器、心電図まで取れた。

これでだいぶ楽になった。

寝返りも打ちやすくなり、体もだいぶ楽になってきていました。

 
 

そして気がついた。

声が出ない。ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

出るけど、かすれている。喉が痛い。

声が出ないので、物を話のが面倒。

麻酔で挿管したため喉がイガイガ。

おかげで、この日から咳との戦いが始まった。  il||li _| ̄|○ il||li

 

ここから数日、咳で悶絶。

アクエリアス飲んで、飴舐めて。

 
 

このあとは、どんどん復活へ。

みるみる顔色、目力が良くなってくることに お見舞いに来るごとに驚く夫。

 
 

明けない夜はないのです。ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

手術当日。

手術は、朝イチから。

 

Drが、でっかいので朝イチから集中しますと。

 
 

Photo_6

 
 

朝イチに、手術室へテクテクと。

自力でベットへ。 

 

そこで、麻酔科の先生と挨拶して、看護師さん達がいて、Drがいて、

なんだか物々しい感じではあるのだけど、

意識のあるうちは、少しも恐いとか、不安とか、恥ずかしいとかの感覚を持たせない配慮なのか何なのか

何となく横になり、お話ししているうちに、

なんとなく意識が無くなりました。 

目覚めたときには自分のベット。

 

実際は3時間ほどだったらしい。

 
 

ここからが大変だった。

痛くて痛くて。

ずっと同じ姿勢で寝ているから背中や腰が痛いの。

寝返り打って良いって言うけど、

脚にはマッサージの機械が付いているし、

尿カテ付いているし、

心電図の付いているし、

血圧計付いているし、

指にも付いているし、

点滴もちろん、

腰からは硬膜外麻酔の痛み止めの管が入っているし、

切腹したので腹は重くて動かないし。

 
 

どうやって寝返り打つんだよ!って心の中で突っ込みながら

必死に寝返り打ってた。

看護師さんが、枕を背中に挟んだり工夫してくれているんだけどダメ。

 
 

夫も、そんな私にビビったことだろう。

1人でよく看病していたと思う。

眉間にシワ寄せて、痛いと言う妻。

めっぽう痛みに弱いですから、夫に気を遣う余裕全くなし。

夫が看護師さん呼んでくれて痛み止めの点滴してもらった。

 
 

すごく、脇とか鎖骨とかも痛くて、

肋骨にヒビでも入ったのかと思った。

本当に本当に痛くて寝返りが打てなかった。

後で聞いたら、手術中にお腹を膨らませるためにガスを入れているんだって、

それが残っていると痛いらしい。

 
 

この夜は一睡も出来なかった。

なんとか腕時計を腕に付けて、見る度に20分しか進んでいなくて、

私の我慢は20分なんだなと思いました。

  
 

ただただ、明けない夜はないと自分に言い聞かせ

夜が明けるのをひたすら待ちました。

Photo_8

 

 

同じ部屋の方が私の次に手術だったんだけど、

腹腔鏡だったからか、私ほど痛いとは騒いでいなかった。。。

私、痛み弱すぎ?って思ったな。

 

もっと早く受診していれば、腹腔鏡で済んでいたかもしれないと少し反省。

 
 

結果;子宮筋腫核出手術 開腹手術 
    多発性子宮筋腫 810gでした。

 

| | コメント (2)

入院初日。

ドキドキしながらの入院。

川沿いの眺めの良い病院。

 

Photo_5

 

4人部屋の大部屋でした。

同じ日に筋腫の手術をする方も同日入院。

 
 
 

色々ネットを彷徨い、頭でっかちになりながらの入院。

 

手術前日から何があるんだ?

と、鼻息荒く入院したが、

 

入院当日は夜9時にプルゼニド2錠飲めばいいと。

便が出なければでないで良いですと。浣腸はないですと。

人生初の浣腸、かなり覚悟したのに、一安心。

 

あとノルマは

Photo_4

これ2本次の朝まで飲んでくださいと。

コレ飲めば、点滴など術前には必要ないですと。

 
 

なので、手術まで特に苦痛と思う事はありませんでした。

ネットなどの噂では、あれやこれややることがあり、

羞恥心を捨てろとのお言葉を頂いていたけど、

そんな時代では無いらしい。

 
 

入院当日は、シャワーを浴び、

次の日に備えて早めの就寝。

 
 

あとは、まな板の上の鯉状態。

覚悟を決めて挑みましたよ。

| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

入院準備。

入院準備は、何を持って行けばいいのか悩んだ

これもネットを彷徨いながら悩んだ。

と、同時に入院中の我が家のこと、

退院後の事を考えての準備だった。

 
 

自分自身の入院に持って行って助かったのは、

S字フック。→袋を3つほどひっかけて、洗濯物袋、何となく使う物、お守り豚さんをひっかけておりました。

ネット環境。→コレは必須。パットを持って行き、ネットを彷徨っておりました。

シャンプーリンスなど風呂セット。→シャワー解禁からは必須。

パーカー。→コンビニに行くときや寒いときに羽織るので必須。

飴。→気管挿管するため、数日は喉がイガイガしていた。

あ、曲がるストローはあると凄く便利。起き上がれないときに水を飲むのに必須。看護師さんがくれた。

 

パンツ!下着ね。

パンツがまた悩んだ。

ネットを見ると、でっかいババパンツが良いとか書いてあったり、色々。

結局は、履き古したゴムがヨレヨレの物で良いと思いました。

デカパンツは、腹帯をしているのであまり必要性がないというか。

私の場合、たて切り切腹だったからかも。

 

他、基本入院セット。忘れればコンビニで買えばいい。

 

他は特に必要なかったかも。

パジャマやタオルはレンタルで、好きなだけ使えるの。

部屋の前に戸棚があって、好きなときに使えるので便利でした。

 

基本的には、殆ど痛みや熱で 寝てたし、

暇なときはネットしてたし、

歩けるようになってからは、ノルマの如くフラフラ歩いていたし。

 

DVD持って行くとかも考えていたけど、そんな集中する余裕もなかったな。

持って行かなくて正解。

 
 

他には、我が家の準備は

夫のご飯、うぶのご飯、を充実させて、

 

一番心配だったのは、帰ってきてから

掃除をして、帰ってきてからも気にならないようにした。

夫も散らかさないように注意してくれていた。

帰ってきてからフカフカの布団で眠れるように布団を干してシーツを換えたり、基本的な事をやった。

帰ってきてからの食べ物にも困らないよう、などなど帰ってきてからのことを考えて準備した。

帰ってきてから着る服なども考えたな。お腹に優しい楽な服。

 

結局は、夫が結構頑張ってくれたので大丈夫だったけど。

入院前は、退院後は自分でどうにかしなければいけないと思っていたので。

基本、買い物には行けないと考えての準備だった。

 

いよいよの時、義姉さん達にお願いするつもりだったんだけど、

夫、頑張りました。( ̄▽ ̄) 

 

| | コメント (0)

2014年11月29日 (土)

じっとしてる。

せっかくの休日、

 

出かけることが出来ません。(u_u。) 

 
 
 

1

 
 

雨だというのが、救いかな。

 
 

昨日、近くのコンビニに出かけてみました。

途中で一休みを入れながら行ってきた。

まだだな。。。と、思いました。_| ̄|○

 
 
 

日に日に元気になってきております。

だがしかし、色々な人から 大人しく、じっとしているようにと忠告メール来ます。

切腹したのだから、1ヶ月は大人しくしていろと。

次の受診までは、水は触るなと。

腹を切るとは、それくらいの事なのだと。

 
 

私は貧乏性なので動いてしまうから?

皆様にご心配おかけしているようです。(ノ∀`) アチャー

 
 

大丈夫です。

無理はしません。

体は正直です。

動けばお腹が痛みます。

だがしかし、じっとしていても疲れる。

ぼちぼちやっております。

夫が家事頑張っております。

すまぬ。

 
 

最後にポチッと、更新の励みになります

     ↓↓↓↓                 

にほんブログ村 犬ブログ ウェルシュ・コーギー・カーディガンへにほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


 
 

| | コメント (2)

病院選び。

迷いに迷った病院選び。

 
 

この子宮筋腫という病気、

手術と言うことになり、

どこの病院を選ぶかも迷いに迷った。

 
 

初めは小さなクリニックで、次回までにどこの病院にするか決めてきてくださいと言われたけど、

突然手術対応です、どうしますか?

するならば病院どこにするか決めてきてください、紹介状を書きます。

手術式も希望があれば決めた方が良いです。

その他諸々、決めていった方が良いです。

 

と、クリニックで言われたが、、、、

 
 
 

そんなことを言われて、

はい、じゃぁ、ここの病院で、こんな感じでお願いしますとはすぐには言えないよ。

 
 

関東圏、結構良い病院多いので迷う。

実家に帰って手術という選択も考えたが、

それは現実的ではないと思い却下。

 
 

そして、決まった病院が

済生会横浜東部病院

 
 

病院を選ぶとき病院名を出してくれるブログを凄く探した。

どんな感じか知りたかったからね。

 
 

ここの病院の決め手は、

そこそこ大きな病院で、

婦人科Drが数人いて、

ちゃんと専門医などで知識もあること、、、ってかんじかな。

 

とりあえず切っちゃえ取っちゃえって感じの病院は嫌だった。

人気がありすぎて、1年待ちとかの病院も却下。

 
 

ここの病院に決めて良かったと思っています。

 
 

外来通院中も、入院中も、みなさん優しかった。

そして出来る限り希望を聞いてくれるDrだったのです。

新しい病院なのでキレイだったし、

完全予約制のため待ち時間も少なく、

駐車場も完備で、車で行けたし。

 
 

こんな感じで、病院選びました。

もっと詳しい病院の様子は後日。

 
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧